いざ!広告を貼ってみる

アフィリエイトで報酬を受け取るには何といっても広告を貼らなくてはいけません。そこで、ASPの審査を通過した後で実際に広告をサイト上に設置するための手順について解説します。

広告設置の手順

ads001

今回は広告を入れる場所に「広告1」とあらかじめメモ書きを入れてあったということにして下さい。
(初めのうちは、わかりやすくするためにメモ書きの様な感覚で、広告を入れたい場所に言葉を残しておくといいと思います。)

それでは広告1と書いてある部分に広告を入れてみましょう。

広告はソースに対して貼り付けるので、貼り付けたい部分のソースを確認しておいて下さい。

ads002

ASPにログインして広告を選びます。
ASPでは大体の場合、広告をソースの形で配布していてこのソースの文字の中に広告報酬を誰に払うかの情報も含まれているので、このソースをそっくりそのままコピーしましょう

ads003

広告を貼り付けるページのソースの画面に戻って、広告を貼り付ける部分の文字を選択してから[貼り付け]をクリック!
これで広告1の部分が広告に置き換わりました。

ads004

使用しているソフトでプレビュー画面を確認できるのであれば、広告を貼ったページを確認してみましょう。
さっきは広告1と表示されていた部分が商品へのリンクに置き換わっています。

文字だけの広告も、画像入りの広告などの場合も手順は同じ。ソースを貼り付けるだけなので特別な知識は要りません。
貼り付けの手順についてはASPのサイトなどにも記されていると思いますので、手順を確認しながら進めていきましょう。

このリンクから誰かが商品を購入してくれたら、サイトの運営者に報酬が支払われます。

※当サイトへのリンクを歓迎いたします。
(管理人へのご連絡は不要です)
PAGE TOP