基本的なタグ その2

次は、文字以外でよく使われるタグを紹介します。
前の項目で作ったHYMLに付け足したりして色々と試してみてください

他のページ・サイトにリンクするタグ

「アンカータグ」と呼ばれるリンク用のタグです。
クリックすると他のページにジャンプする事ができます。

<A href=”http://www.affiliate-first.com/”>トップページにジャンプ</A>します

ブラウザで表示すると↓
トップページにジャンプ
こんな風になります。

<Å href=>でリンクしたいページはここですと指定しているタグを表します。

今までのタグは、前につけたタグと同じものにスラッシュ(/)をつけて命令の終わりを示していましたが、このタグについては</A>で命令の終わりを示します。
「=」の後に、リンクさせたいページのアドレスを「” ”」で囲んでいきましょう。

そしてスラッシュをつけたタグで締め切る直前に文字を入力すると、その文字をクリックしてリンクページにジャンプするように表示させることができます。
例えば、<A href=”http://www.affiliate-first.com/”>トップページにジャンプ</A>
と赤い文字の様に入力すると「このサイトのトップページにジャンプ!」の部分をクリックすることでリンク先に移動することができます。

もしサイトのアドレスをクリックしてリンク先に移動させたい場合は、
<A href=”http://www.affiliate-first.com”>http://www.affiliate-first.com/</A>
と文字の代わりにアドレスを入力します。

これで、クリックすれば指定したページにジャンプすることができるタグになります。

画像を入れるIMGタグ

サイトを作っていく上で、やっぱり文章だけでは寂しいですから時には画像も入れたいもの。
そんな時に使うのがこのタグです。

<IMG src=”title001.gif”>
title001.gifという名前の画像を表示して!という意味です。)

ブラウザで表示すると↓
title001
こんな風になります。

<IMG src=>でこの画像を表示してくださいという命令になります。
ただ、このタグは今までと違う点があり、最初につけたタグと同じタグで締めくくる必要がありませんのでご注意を!

これから紹介する最後の2つはちょっと複雑なタグです。
何度も言うようですが、完全にマスターする必要はないので、流し読みして大体の意味を掴んでください

箇条書きリストをつくるタグ

実際には箇条書きをつくる「UL」タグと、項目をつくる「LI」タグを組み合わせて使います。ちょっと難しいので、説明と合わせてご覧下さい。

UL001

ブラウザで表示するとこのようになります。
UL002

表をつくるタグ

さて、最後にして最大の難関。テーブル(表)タグです。
四角い枠で区切られた表を作るのに使います。
レイアウトをスッキリさせるのに最適でとてもよく使うタグです。

表をつくる「TABLE」タグ、表の中に行をつくる「TR」タグそしてその行の中で列を横に広げていく「TD」タグを組み合わせて使います。
文章で書いても解りにくいので、実際に見てみましょう。

table001

ブラウザで表示すると↓

table002

こんな風になります。
やっぱりちょっとややこしいですねぇ・・・

※当サイトへのリンクを歓迎いたします。
(管理人へのご連絡は不要です)
PAGE TOP