基本的なタグ その1

文字の大きさを変えたり、色をつけたり等の文字を飾り付けるためのタグです。
いくつかの種類があるので実例を出してみましょう

<FONT COLOR=”RED”>色を変えたい文字</FONT> 
<FONT SIZE=”5″>大きさを変えたい文字</FONT>

ブラウザで表示すると↓
色を変えたい文字大きさを変えたい文字
こんな風になります。

色は「COLOR」、大きさは「SIZE」で指定しているのがわかりますよね。

では、ここを強調して表示させたい!という場合はどうでしょう。

文字の太さを変えるタグ

この言葉は大事だからちょっと太く表示したい!と思ったときのタグもちゃんとあります。

<B>太くしたい文字</B>

ブラウザで表示すると↓
太くしたい文字
こんな風になります。

ここでは「B」で指定しています。強調したい時はその言葉を「B」タグで囲えば太字で表示することが出来ます。

改行のタグ

文章をブラウザで表示させるにあたって、だらだらと改行も無しに延々と表示されていたら見た瞬間読む気が無くなりますよね。
それを改善するための改行のタグがあります。

例えば、「今日の天気予報は晴れでした。ですが、午後から雨が降り出しました。」という文章を改行するとしたらこのようになります。

今日の天気予報は晴れでした <BR>ですが、午後から雨が降り出しました。

ブラウザで表示すると↓
今日の天気予報は晴れでした。
ですが、午後から雨が降り出しました。
と表示されます。

文章の間で「BR」タグを使用することで改行することが出来ます。文章をすっきり表示させる為に非常に多用されるタグです。

見出しを作るタグ

文章に見出しをつけるときに便利なタグです。H1が一番大きな見出し、H6が一番小さな見出しになります。

<H1>見出し1</H1> <H2>見出し2</H2> <H3>見出し3</H3>

ブラウザで表示すると↓

H1タグ

こんな風になります。自動的に文字が大きくなり、改行されて行と行の間にスペースが出来ました。

他にも色々なタグがありますが、実践しながら少しずつ知識を広げていくといいと思います。

※当サイトへのリンクを歓迎いたします。
(管理人へのご連絡は不要です)
PAGE TOP