HTMLの基礎 その1

サイトを作るためには、作成用のソフトを使うのが一番簡単です。

しかし、アフィリエイトでサイト運用を行うなら細かい変更や広告設置のためにHTMLの基本的なことについて少し知識をつけておく必要があります。
作成用のソフトを使ってサイトを作っていく上でも、HTMLの知識が少しあれば自分の思い描くサイトを作る為に有効なのです。

そんなわけで、HTMLの基礎についてちょっとずつ勉強してみましょう。

HTMLを作ってみよう

まず、簡単なHTMLを作成してみましょう。
テキスト(文章)を編集できるソフトなら何でも良いのですが、今回はWindows付属の「メモ帳」を使って作成してみましょう。

image

メモ帳を開いたら次のように打ち込んでください。

html002

ここで注意して欲しいポイントです。
<HTML><FONT COLOR=”RED”></FONT></HTML>などの部分は(日本語以外の部分)は必ず半角で入力してください。

入力し終わったら、適当な名前をつけて保存してください。
(どこに保存したのかわからなくならないように、出来ることならデスクトップに保存しましょう。)
今回はとりあえず「page1」とつけて保存してみました。

html003

「page1」の後の3文字部分の「.txt」はファイルの種類を表しています。
このファイルの名前を変更することで、ブラウザで見ることが出来るファイルとなるのです。
「.txt」の部分を「.html」というファイル名に変更してください。
このときに「ファイルが使えなくなる可能性が・・・」云々などという警告が出ることがありますが、気にしないで「OK」ボタンを押して大丈夫です。

html004

さて、ファイル名を変更した後に何か気がついたことがありませんか?
今までメモ帳の形だった「page1」というファイルのアイコンが使っているブラウザのアイコンに変更されていることを確認してください。
無事に変更されていれば、まずは成功です。

では、実際にきちんと表示されるか確認しましょう。
ダブルクリックしてファイルを開いてみて・・・
ブラウザ画面に

html004b

と赤い字で表示されれば大成功です!
次の項目では作成したHTMLについて詳しい説明をしていきたいと思います。

※当サイトへのリンクを歓迎いたします。
(管理人へのご連絡は不要です)
PAGE TOP