サイトの仕組み その2

先のページでも説明したようにサイト(webサイト)というのは大抵が複数のページによって構成されています。
そのひとつひとつのwebページがどのように構成されているのかを説明したいと思います。

webページというのは、文章や画像、音声や動画などをhtml(エイチ・ティー・エム・エル)というパソコン用の言語によって構成されることで成り立っています。
htmlはこの文章はここに表示して、画像は左上に表示させて、ここの言葉は赤い色で表示して・・・といった希望をコンピュータの画面上に表示させるための言語です。

文章で説明されてもイメージがつかみにくいという方は、webページの元になっているhtml自体を実際に見てみましょう。

このページを表示させているブラウザの左上の方に「表示」というボタンを探してクリックしてみてください。
使用しているブラウザによって異なりますが、表示をクリックして新たに出てきたウインドウの中に「ソース」という言葉があると思いますのでそれをまたクリックしてください。

そうすると、意味不明な文字のかたまりがズラーっと表示されると思います。

html001

これがhtmlであり、webページの正体なのです。

この意味不明な文字ばかりの物がなぜ画像やカラフルなwebページに見えているのかと不思議に思いますよね。
普段私たちはこのhtmlを見やすいように翻訳してくれるソフトを通してwebページを見ているからなのです。

そのソフトの例を挙げるとするならば、代表的なものが「インターネットエクスプローラ」や「ネットスケープ」などというブラウザというソフトです。
おそらく今も昔も皆さんはそういったブラウザを使ってインターネットを楽しんでいることと思います。

IENet

ですから、「webページを作ること=htmlを作ること」という訳です。
「こんなプログラムみたいな物解らないし作ることなんて無理!」という方もいらっしゃると思いますが、心配はいりません。
初めは誰だって解らないと思いますし、いまだによくわからない状態でここまで作ることが出来ている人もここに居ますので(笑)

※当サイトへのリンクを歓迎いたします。
(管理人へのご連絡は不要です)
PAGE TOP