「アフィリエイト」の意味は?

今や、サイト経営やブログなどで主流となりつつある「アフィリエイト」

「アフィリエイト」という言葉は「加入・提携」という意味を表し、アフィリエイトプログラムはインターネット上での広告を目的としています。

「広告」と言うと企業と企業のつながりという印象を受けますが、アフィリエイトは広告主(企業やお店)と広告掲載者(個人のサイトやブログ)とが提携するシステムなのです。

ここまでの説明で、なぜそれが収入に繋がるのかという疑問を抱くかもしれません。

アフィリエイトは、ただ広告を載せるためだけの契約ではないのです。
例えば、ある人がブログやサイトを見に来たとしましょう。
そこで、その場所に掲載されていた広告を目にして、そこからその広告主の商品を購入したとします。

広告主は、広告掲載者のページの広告によって売り上げを得たわけですからその掲載者に謝礼を払うというような形となるわけです。

簡単に言えば「紹介してくれてありがとう。これ、お礼です」というようなシステムなのです

アフィリエイトの意味としくみ

最近ではブログ人口も増加傾向にあるので、まずは自分で目にしてみるのもいいかもしれません。

おいしそうな果物の画像をクリックしたら、どこかのお店のページにいったという経験はありませんか?
「アンケートに答えてポイントをあつめよう!」なんていう文章をクリックして、モニター会員になった経験はありませんか?

それがまさしく、アフィエリエイトプログラムによる広告なのです!
クリックすることによって、ポイントが加算され報酬に繋がるアフィリエイトもあります。
自分がクリックしているうちに誰かの報酬になっているなんて思いもしませんよね。

テレビのCMも同じこと。
CMの企業が広告主。民法テレビ局が広告掲載者。

テレビ局はCMを流すことで広告主からお金をもらって経営が成り立っているのです。
広告主である企業は、人気ドラマの間にCMを流してもらうことで売り上げにつなげようとしているのです。

こうしてお互いにメリットが存在するのがインターネット上でいう「アフィリエイト」なのです。

unagiyasan

これがアフィリエイトという言葉の意味するものです。
お店、お客さん、サイトを運営する人のそれぞれが自分の望みを叶えられる方法なんです。

※当サイトへのリンクを歓迎いたします。
(管理人へのご連絡は不要です)
PAGE TOP